您現在所在的位置:首頁  >  電視劇  日本電視劇

神之手

實時匯率換算 金額(NT 台幣) 轉換爲 結果
神之手 - 劇情介紹

該劇改編自醫生兼推理作家久阪部羊的同名小說,對於沒有救助希望的患者,以安樂死引導其解放將成為最終醫療的選擇,是壹部社會派的懸疑劇   。
腕利きの外科醫?白川泰生(椎名桔平)のもとに、21歳の古林章太郎(葉山奨之)が診察にやって來る。章太郎は肛門がんと診斷され手術の後退院するが、數カ月後に転移が判明。がんが進行し悪化するにつれ耐え難い痛みに苦しみ、回復の見込みはなくなっていった。その狀況に付き添っていた伯母の晶子(阪井真紀)も精神的に追い込まれ白川に安楽死の処置を懇願。白川はそれを拒否し、章太郎に寄り添い懸命に治療を行なうも、手の施しようがなくなる。そしてついに、苦悩の末、安楽死の処置を行なう。しかし章太郎の死を知った母親でジャーナリストの康代(鈴木砂羽)により白川は告発されてしまう。 
白川の行為は殺人か過失致死かと連日取り沙汰される中、すでに議論されていた安楽死法案の成立が現実味を帯びる。その背後で日本の醫療改革を企てる団體、さらに反対派の醫師やマスコミを使って安楽死法案の阻止を図る康代。白川はやがて激流にのみ込まれていく。

 

神之手 - 精彩劇照